国によって異なる教育制度

留学先で人気のアメリカの教育

高校留学の行先として、日本人に人気のある国の一つがアメリカです。
主に日本人が留学先を選ぶ時に英語圏の国を選択しますが、
その中でも多くの日本人が留学先としてアメリカを選びます。

 

同じ英語圏の国でもそれぞれの国ごとに教育事情が異なりますので、
最適な留学先を選ぶためにもそれぞれの教育事情を理解し、
比較検討することがあなたにとって良い留学先を探すことにつながります。
高校留学希望者を長年サポートしてきたこちらの業者など、留学の専門家に相談してみることも重要です。

 

アメリカの高校が日本と異なる点は、授業の単位制度を採用していることです。
日本の大学のようなシステムで、必修科目と選択科目とに分かれており
高校卒業までに必要な単位をそこで取得します。

 

必修以外の科目を選択するときに、
どのような科目を選んでいいのかで悩む生徒さんも多いため、
アドバイザーと呼ばれる先生が科目選択の際に相談に応じてくれるので
日本人の留学生でも科目選びで困ることは少ないと思います。

 

この選択科目ですが学校によってそれぞれ特色がありますので、
学びたい選択科目によって留学先の学校を決める学生も多いのです。

 

大学と同じような教育システムを採用している学校が大半であるため、
科目ごとに学生が教室を移動しなくてはいけません。
授業と授業の間の休み時間はとても短いのですが、
教室の移動に時間がかかることもあります。

 

アメリカの高校は大学並みに広大な校舎を有している所もあり、
教室移動だけでもかなりの時間を要しますが、
遅刻に関しては大変厳しく対応する習慣があります。
授業に遅れてしまうと教室に入れてもらえない事もあるので気を付けなくてはいけません。

正統派英語を学べるイギリスの教育

英語はもともとイギリスの母国語です。
正統派英語を学びたいとイギリスを留学先として選ぶ学生もいらっしゃいます。

 

イギリスもまた独特の教育制度があります。
イギリスの学校は公立学校が大半を占めており、私立高校はごく一部に限られます。

 

ただしイギリスでの留学を希望した場合、
残念ながら公立高校では受け入れ体制が整っていないため、
私立高校へ留学するしか選択肢がありません。

 

教育制度や授業内容は日本とは大きく異なります。
日本の高校の授業はできるだけ多くの知識を詰め込むスタイルの授業を中心に行いますが、
イギリスでは学生に自ら考えさせて、発表をさせる授業を中心としています。

 

日本では参考書や教科書に沿って先生が授業をすすめていき、
それに関連した宿題が出されるのが一般的です。
その宿題も問題を解いて答え合わせをするというスタイルですが、
イギリスの宿題は日本のものとは異なります。

 

先生が授業で扱った教科書や参考書の内容を見て、
自分で意見をまとめてくるというタイプの宿題が主に出題されるのです。

 

発言をする機会も多く求められます。
例えば授業中でもグループを作って、題材を決めてそれについて討論する場が設けられます。

 

先生も授業中に生徒に意見を聞く機会がとても多いですし、
生徒からの質問や意見も日本とは比べものにならないくらい多く出てきます。

 

今まで日本で受けてきた教育とは全くスタイルが異なるため、
最初は授業についていくだけで精いっぱいという日本人の学生も多いようです。

 

 

更新履歴